▼Q.96 静岡県の方からのご相談です。「自社の株式が、後継者以外の親族や取引先に分散してしまっていますが、どうしたらよいでしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.96
現経営者が後継者に承継していくにあたって、株式の確保というのは、とても大切なことです。まずは、現経営者が自ら株主を回って、買い取り等の交渉を進めてください。

株価が付かない場合もあるかと思いますが、ある程度の金銭を支払ってでも、現経営者や後継者の側で保有しておくことが重要です。株主が、なかなか、交渉に応じてくれない場合は、司法書士等の専門家を交え、普通株式から種類株式に変更する手続きをおこなうことで、株式を現経営者及び後継者側に移すこともできるかもしれません。
少々、強引になるかもしれませんが、後継者が円滑に経営に邁進していく環境をつくってあげるのが、現経営者です。
株主名簿を見ながら取り組んでみてください。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】粉飾

次の記事

【用語集】分別の利益