▼Q.122 愛知県の方からのご相談です。「今期決算が赤字になり、債務超過に陥りそうです。債務超過になると融資が受けにくくなると聞きますが本当でしょうか?」(メールによるご相談事例)



▼A.122
債務超過になれば融資は受けにくくなります。

担保がない限り、基本プロパー融資は無理でしょう。債務超過=倒産状態です。まずこの認識を持って頂くことが重要です。企業、特に株式会社は資本金を元手に事業を始めます。債務超過はその元手が無くなり、人のお金(債務)だけで事業を営んでいる状態です。すなわち資産<負債(債務)の為、債務超過と呼ばれています。
債務超過の場合は、会社を整理しても全ての債権者に分配できない状態ですので、お金を貸しても万が一回収できないリスクが高いため、銀行は保全が出来ていなければ融資は行いません。
よって仮に赤字になって債務超過に陥りそうであれば、決算を迎えられる前に資金調達をされておくのをお勧めします。
その場合は来期融資を受けなくても資金繰りが回せるように、これから1年間の必要な運転資金を申し込むようにしてください。
算出の仕方が分からなければ、専門家に一度聞かれるのがよろしいかと思います。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan

 

前の記事

【用語集】融通手形

次の記事

【用語集】優良担保