▼Q.203 個人の事故情報の有無は個人信用情報機関に確認すればいいと言われていますがどの様な機関なのですか?



▼A.203

個人の事故情報の有無(借入状況を含む)は下記の情報機関へ情報開示を依頼する事で可能となります。

・JICC
主に貸金業者に登録している業者が加盟しており、加盟業者の利用額、返済状況が確認できます。
この情報により加盟業者は申込任より年収証明により年収金額の3分の1までしか貸付が行えない事を確認しております。

・BL
主に貸金業者が登録している業者が加盟しており、貸付対象が法人によるもの場合、この情報に記載されます。
これには加盟業者の利用額、返済状況、貸付方法、無担保貸付か有担保貸付か、などの情報が記載されており、法人借入の場合は、
総量規制の対象外となる為、収入金額の3分の1までの縛りは発生しません。
法人に対する貸金業者の貸付は法人の場合は高額になる為、無担保での貸付はほとんどなく、連帯保証人を付けての貸付、不動産担保
での貸付が主流となっており、ノンバンク及び手形割引業者での手形の割引については、この情報には登録はされません。

・CIC
主に個品割賦販売やクレジットカードの申し込みについては、この情報機関を利用し、加盟店の限度額及び現在の利用額、返済状況が
共有され、年収証明及び勤め先などの情報により与信金額が決定されております。

・KSC
主に金融機関(銀行)が加盟している情報機関になり、他銀行での融資の利用状況がわかる仕組みとなっています。

取得方法等詳細な情報は各情報機関に確認していただきますようお願いします。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan