▼Q.12 おつきあいの借入について(定期解約編)知りたい

弊社は地方の業暦50年の同族会社です。今のところ業績悪くありません。 私は後継者として数年前から取引銀行と交渉にあたるようになりました。 現在、銀行に1億を定期で預けて、同時に1億を借り入れしています。長年の取引の中で現在の形に至っているようですが、定期を解約して借り入れを圧縮したいと思っています。
至極あたりまえのことだと思うのですが銀行の印象がよくないからやめたほうがいいのではないかという意見も社内であります。 実際のところどうなのでしょう?
(メールによるご相談事例)



▼A.12
1億を定期預金にして1億を借入している会社も、そうでない会社も、いざとなった場合銀行が貸付して支援するかどうかは、企業の内容、つまり財務内容・将来性等、などによります。

あなたの会社のような借入形態を保ち続けることによって、将来銀行から恩恵を受けやすくなるとはとても思えません。返済したほうがいいです。銀行としては、あなたの会社からはリスクなしで利息収入を得ることができ、とても大事なお客さんなのですが、それと将来の支援姿勢とは関係ありません。
しかし、お付き合いで1千万くらいは借入しておいた方がいいかもしれません。少しでも借入があると、銀行は決算書のチェックなど、常に気にかけてくれますので。その場合いざとなったとき、融資までスムーズに流れやすくなります。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan