▼Q.74 愛知県の方からのご相談です。「資金繰りが苦しくなっているのですが、数年前に融資を受ける条件としてはじめた定期積立を満期前に解約できるでしょうか?」(メールによるご相談事例)

 


▼A.74
新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者様に対し色々な資金繰り支援が出ておりますが、結果が出るまでには相当の時間を要しているのが現実です。以前融資を受ける際に条件としてはじめられた定期積立は銀行の担保預金として拘束されているかどうかによって異なると思います。

基本的に担保提供しているのであれば、交渉を行う事は可能ですが、既存の融資の保全として見ておりますので、金融機関様にとっては保全が減少する事象となりますので非常に難しいと思いますが、今回の場合は資金調達までに時間を要する事から交渉してみるべきだと思います。
金融機関様に対し交渉する方法としましては、コロナの影響を受けている事、資金調達までに時間を要する事、定期積立を解約すれば資金繰りが可能となる事を説明してください。
私の個人的な意見ですが、定期積金は目的があるから積立をしているものであり、融資取引のない金融機関で積立をしていれば、緊急時に解約する事も簡単です。そもそも資金が足らないから借入を行う、その様な先に定期積金を融資の条件として勧めてくるような金融機関とお取引していて大丈夫なのでしょうか? と思います。

 

   

 


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan