ソーシャルレンディングは、新たな融資の形? -2019年03月20日号

『 ソーシャルレンディングは、新たな融資の形? 』

ソーシャルレンディング、という言葉をご存じでしょうか?

貸付型のクラウドファンでイングと呼ばれることもある
この金融商品は、「貸し手が借り手にお金を貸す」というもの
と異なり、

・レンディング業者が投資案件として、投資家からお金を集める
 (主にインターネット上で、個人から小口の資金を集める)
・集まった資金の運用として、融資を行う
・元本を回収しつつ、金利を投資家と運営業者で分け合う

という形態で運営されています。

実際にインターネット上で、運営サイトは閲覧することが
できますので、ご興味のある方は
ソーシャルレンディング、で検索されると、直ぐに
いろいろな業者さんのH.P.がヒットしますので、
ご参考にされて下さい。

業者の側で考えますと
不特定多数の人から資金を集める行為をするには
金融商品取引法に基づく登録が、
融資を業とするには貸金業法に基づく登録が必要であり、
二つの法にまたがって運営をされるため
なかなかハードルが高いものではありますが
既に存在するソーシャルレンディング業者も
資金集め・融資の機能を2社に分けているところ、
1社で双方の登録を行っているところ等
それぞれ対応されている様子。

国内市場としては伸び続けており、2014年には140億円程だった
ものが、2017時点で既に1000億円を突破しており、
今後とも伸びていくと予測されています。

元々、不動産ファンドとしての利用が大半だったのですが、
それ以外の事業性融資も増えていく方向にあります。

既存の融資とは、また異なる形での資金調達が日常的に
可能になる日も近いのでしょう。

◆中小企業での利用は?

商品特性上、投資としてはローリスク・ローリターン
(せいぜいミドルリスク・ミドルリターン)であることが
前提のため、現状では担保が必要になることが大半です。
が、不動産の他、有価証券や売掛金も担保として認める業者もあり、
銀行融資ではできない取扱いもできるでしょう。
さらに多様な取扱い方法が生まれる可能性も十分以上です。

デメリットといいますか、注意事項は…、
やはり金利が銀行融資と比べて高いことが挙げられます。
また、資金の出し手は投資家であり、投資案件ですから
返済の管理や事業への審査は、銀行よりもきついものになる
(仮にここが緩いソーシャルレンディングがあるとしたら、
金利がかなり高いはずです)
ことでしょう。

まだまだこれからの商品ですが、創業時や新商品の開発生産時の
機動的な資金調達には、選択肢になっていくものです。

金融商品として、今後念頭においておくべきものでしょう。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan