愛知県にある製造業の『 金融機関とのやり取り 』 -2020年02月19日号

『 金融機関とのやり取り 』


今回は、愛知県にある製造業の『金融機関とのやり取り』に
ついてお話をさせて頂きます。

M社は、プラスチック成形メーカーです。
生産型、製品の受注を行なうため、予め資金が必要となります。
金融機関は、B銀行とH信用金庫でした。

S社長は、以前からの取引がある2金融機関と定期的に
訪問してくる担当者の提案通りに融資契約を結んでいました。

?社は、売上は伸びているものの利益は、
トントンの状態でした。
金融機関は融資の継続を行っていました。
すべてが保証協会付き融資で融資打合せの際も
条件交渉は、行わず契約を締結しておりました。

私共に相談を頂き社内改革を実行しております。
その一つが金融機関との借入折衝です。
前提としては、事業計画を策定し、内容を金融機関に
説明し、融資条件を提示することの重要性を認識頂き
金融機関との折衝を行って頂きました。

S社長は、会社の規模が小さい(1億円/年商)
信用保証協会付きの融資しか得られないと思われて
いたようです。

金融機関の信頼を得るため事業の状況説明は
行われるのですがどのようにしたらプロパー融資を
得られるか?などの質問はありませんでした。

製造現場では、コスト削減、どのようにしたら短納期化
できるのか?など様々な課題解決を行われているの
ですが金融機関との折衝では、言いなり状態でした。

S社長とは、金融機関の現状・今後などについて
話を行い、自社が金融機関に要望することをまとめ
打合せをするようアドバイスを行いました。
また、金融機関も融資条件を複数行に提示し
競っていただくように変化しました。

金融機関もS社長が望んでいることを察知しようと
以前にもまして訪問回数・提案を増やして
くれています。

これから金融機関は、淘汰の時代といわれています。
様々な金融機関の担当者と話し、金融機関の方針、
対応を見定め取引する金融機関を
決めてください。

この内容が何かのお役に立てば幸いです。


最新のメルマガをご覧になりたい方はこちらからご登録を!

コンサルタントに直接のご相談はこちらからお問合わせを!

banner_mailmagazine denwasoudan